1873年に畑を購入以来、ヴァンサン一族は醸造に身を投じ、伝統を代々受け継ぎ、同時に近代技術も模索してきました。
1990年には栽培とエノロジストの資格をもつクリストフ・ヴァンサンによって大きく畑が植え替えられました。
また、ワイナリー・マネージメントと生物化学の課程を修めている弟のファビアン・ヴァンサンがワイン造りに加わった1999年からはタンニンとオークの新たなハーモニーのスタイルを取り込んでいます。 ニュージーランド、オーストラリアで修行を積んできた彼ならではの伝統と近代技術の融合のスタイルです。 当初はバルク売り専門でしたが、1970年代から自社元詰を開始。1980年代には輸出を開始し、1998年には完全にシャトーものだけの販売に転換しました。 1999年から現当主の兄弟がシャトー運営を完全に引き継いでいます。
自然環境を大切にするサステーナブル農法を実践。 出来る限り化学物質を使用しないブドウ栽培を行っています。 高品質なワインをリーズナブルに造るためブドウ樹1本あたりの収量を大切にしており、房数は7~8房で1kgまでに止めています。 そして葉の高さは1.5mまでに制限しています。土壌の力が最も大切だと考えるヴァンサン兄弟は、栽培方法を区画によって変える事はせず、テロワールの表現を大切にしています。